ほくろはレーザーで除去|メスを使わず跡が残らない施術が人気爆発

このエントリーをはてなブックマークに追加

母斑細胞を除去

おでこを触る女の人

レーザーまたは手術で

ほくろとは、母斑細胞が集まることでできる、腫瘍の一種です。腫瘍ではありますが、多くの場合は良性なので、基本的には放置しておいても問題はありません。しかしできる場所や大きさ、形によっては、美容面でのトラブルとなることがあります。たとえば顔の目立つ部分に膨らみのあるほくろや、平らでも範囲の広いほくろができると、それがコンプレックスとなってしまう人も、中にはいるのです。そういった人のために、美容整形外科ではほくろを除去する治療がおこなわれています。治療には主に、母斑細胞を焼いたり蒸散させたりするレーザーが使われます。非常に手軽な治療で、数分程度の施術でしっかりと除去できる上に、目立つ傷跡が残ることもありません。また美容整形外科では、手術による除去がおこなわれることもあります。ほくろを囲むように木の葉の形に皮膚を切除し、それぞれの辺を1本の線になるように縫い合わせるのです。多少の傷跡は残りますが、直径5ミリを超えるような大きなほくろでも、完全に除去することができます。

2種類のレーザー

美容整形外科でのほくろ除去に使われるレーザーには、Qスイッチヤグレーザーと炭酸ガスレーザーとがあります。前者は、母斑細胞を焼いて焦がす力のあるレーザーです。焦げることで母斑細胞は、自然に肌から剥がれていき、それによってほくろもなくなるのです。焼くわけですから、その部分は火傷を負ったような状態になります。しかし軟膏を塗ったり保護テープを貼ったりしておくことで、徐々に新しい肌が作られ、最終的には目立たなくなります。一方炭酸ガスレーザーを使った治療では、母斑細胞を削るように蒸散させていくことができます。盛り上がっているほくろでも、少しずつ蒸散させることで、色も膨らみも完全に除去できるのです。肌の深い部分にも母斑細胞があった場合には、蒸散させることで肌が多少えぐれることがあります。しかしこれもやはり、保護しているうちに新しい肌が形成され、目立たなくなります。手軽さと効果の高さから、ほくろに悩む多くの人が、これらのレーザーによる除去を希望して、美容整形外科を受診しています。

Copyright © 2016 ほくろはレーザーで除去|メスを使わず跡が残らない施術が人気爆発 All Rights Reserved.