ほくろはレーザーで除去|メスを使わず跡が残らない施術が人気爆発

このエントリーをはてなブックマークに追加

メスを使わない方法

先生

早ければ1ヶ月で跡が消失

ほくろの整形方法では、炭酸ガスレーザーが人気を集めています。美容外科、美容皮膚科でほくろを除去する方法にも色々ありますが、炭酸ガスレーザーを使った整形術の魅力は跡が残らないことでしょう。メスを使う手術方法とは異なり、炭酸ガスレーザーでほくろをくり抜いて除去する治療方法では皮膚を切開することはありません。メスで皮膚を切り開く代わりに、炭酸ガスレーザーマシンで組織を分解し、ほくろを取り除きます。マシンの威力は強力なので、頑固なメラニン色素もスピーディーに破壊されます。高い出力で照射しても、麻酔クリームを塗っておけば痛みを感じることはありません。1つのほくろに対し、5分から10分という短い時間の処置で済みますし、早ければ1ヶ月で赤み跡が消えます。皮膚の奥深くまで根を張っているほくろなら、切除手術で整形した方が通院回数が少なくて済む可能性があります。けれど皮膚に埋もれていないほくろなら、たった1回の施術で良いので整形外科のドクターにも炭酸ガスレーザーを勧められる確率が高いでしょう。今、大変人気のあるアプローチ方法です。

治療のベストタイミング

もしほくろを炭酸ガスレーザーで取り除く予定なら、ベストタイミングは冬です。冬に炭酸ガスレーザー治療を受けるメリットは2つあります。まず、術後は紫外線被害を受けやすくなっていますから、紫外線照射量が少ない冬場だとUVケアも夏ほど大変ではありません。2つ目のメリットは、冬ならマスクを着用しても違和感がないからです。術後、患部を保護するためにシールを貼ります。シールは肌色なので目立ちませんし、上からメイクすることも可能です。ただ、近くで見るとシールに気づかれる可能性もあるのでほくろを整形したことを知られたくない方は、マスクでごまかしておいた方が無難です。花粉症シーズンもマスク着用率が上がるので狙い目ですが、紫外線照射量は冬よりも増えます。紫外線対策と見た目対策を考えると、寒くなってから治療を受けるのが理想的です。炭酸ガスレーザーはほくろ以外の皮膚を損傷させることがありません。ほくろだけピンポイントで狙って除去することができますし、メスを入れにくい小鼻周辺、眉の近くなど立体的なパーツにあるほくろ除去も得意です。

くり抜き法の魅力に迫る

目を閉じる婦人

ほくろが悪性かどうか気になるなら、ほくろ除去と同時に切除した組織を検査できるくり抜き法がぴったりです。5mm以下の小さいサイズで、口や鼻の近くにできているものが向いている整形術です。再発率が低く、縫合せずに済むので患者さんに大きな負担がかかりません。

もっと見る

気になる悩みの解決方法

カウンセリング

ほくろは、時にコンプレックスの一部となってしまうこともあるものです。しかし、ほくろが気になる場合は、整形手術で除去することが可能です。レーザー治療や薬による治療など様々な方法があり、ほくろの状態をきちんと調べてもらってから、方法を選んでいくことが大切です。

もっと見る

肌の悩みは病院で改善

頬を触る女性

美容クリームなどの化粧品でほくろを目立たなくできない場合は、整形外科にいって除去するのがおすすめです。症状によっては保険が効く施術が存在するので、それを利用するとお得に受けることができます。また、施術前は医師の説明をきちんと聞いておきましょう。

もっと見る

母斑細胞を除去

おでこを触る女の人

ほくろとは母斑細胞の集まりで、これは美容整形外科でのレーザー治療で、傷跡を残さずに除去できます。具体的には、Qスイッチヤグレーザーという母斑細胞を焼くレーザーや、炭酸ガスレーザーという母斑細胞を蒸散させるレーザーが使われます。また、直径5ミリ以上のほくろは、周辺の肌ごと切除する手術で除去できます。

もっと見る

原因と対処法

医師

一般的に顔の頬などに出来たほくろは色素性母斑のことを言いまして、レーザーなどの整形治療で除去する事が可能です。安心して整形治療を受ける為にも、口コミサイトを上手に利用して、治療の内容や術後の経過などを調べておく事が大事です。

もっと見る

Copyright © 2016 ほくろはレーザーで除去|メスを使わず跡が残らない施術が人気爆発 All Rights Reserved.